aa

オンライン会議ツール『REMO』を使ってみました

こんにちは!株式会社フリースタイル広報担当です。
この頃はウィズコロナという言葉も浸透してきているように、今までとは違う生活スタイルや働き方をするためにツールを駆使してリモートでの活動がどんどん増えています。
ブログでも紹介させていただいているFS定例会も現在はオンラインで行っており、対面で会える機会は少なくなりました。大人数で集まれない今、どうにかツールを使って交流ができないか考えていたところ『REMO』というツールを試してみたところ好評でしたのでご紹介させていただきます。

REMO(リモ)とは?

REMOはオンラインのオフィスやバーチャルイベントスペースを開発した会社です。サービスの1つであるRemo Conferenceというツールを使うことでZoomやMicrosoft Teamsと同じようにオンラインでWEB会議やイベントを開催することができます。他のツールと比較して特徴的な機能は、会場自体は50人からなんと500人参加することができ、その中にテーブルが設置されているため1グループ6~8人での会話が可能です。実際にリモートで会話をする場合はこのくらいの人数が適正かなと思うのでとても便利です。また、テーブル間の移動も自由にダブルクリックのみで行えるので実際は多くの参加者と関われます。無料のトライアルから有料プランがあり、参加人数や使える時間などが拡大できます。

実際に使ってみた感想

月に一度開催される定例会の後にいつもなら懇親会でお酒を飲みながらわいわいする時間があるのですが、オンラインツールで同じように実現できないか考えた結果、REMOというツールが一番適正じゃないかという判断になりました。

いわゆるリモート飲み会として使った感想は・・・とても使いやすかったです!

英語しか表示がないので心配だったのですが直感的に操作することもできたおかげで席の移動やチャット機能、ホワイトボート機能を使って絵をかいたりと各々楽しんでいました。好きな席へいつでも自由に移動ができるので同じ人とばかり話すこともなく、多くの方とコミュニケーションをとることができました。またプレゼンテーションモードに切り替えることで参加者全員にスピーカーが話すことができるので最初の乾杯や、締めのあいさつまで飲み会をやっているような流れで行えました。

プレゼンテーションモード中は会話できない為チャットで反応することも

今後の使い方としては、会社の研修だったり勉強会など様々な分野で活躍しそうなので積極的にツールを生かして業務の効率化や不足しがちなコミュニケーションをとっていこうと思います。もうすぐフリースタイルのお誕生日でもある周年祭がありますので『REMO』を使って開催する予定なので
またその様子をお伝えさせていただきますね。

コメントは利用できません。