aa

フリースタイル14回周年祭

こんにちは!株式会社フリースタイル 広報担当です。

フリースタイルは2020年9月15日で14周年を迎え、毎年の恒例行事『FS周年祭』を開催しました。いつもは全員が入れるような会場を予約し企画を考えるところですが、今年はソーシャルディスタンスという情勢を考慮して先日紹介した『REMO』を使った”リモート周年祭”となりました。

リモート周年祭の準備

今年はREMOを使用した初めての試み”リモート周年祭”です。

REMOに関してはコチラの記事をご覧ください。

オンライン会議ツール『REMO』を使ってみました

ブラウザからメールアドレスを使ってログインするだけなので、難しい手順もソフトウェアのインストールも必要なく気軽に簡単に使用できます。懸念と言えば現在は全て英語表記なので苦手な人は大変かもしれませんが、直感的に操作ができるのでそこまで問題なさそうでした。前回の懇親会でもとても使いやすかったことから周年祭でも使用することとなりました。

ただ画面越しに各自で飲み会するだけでは物足りないなと思い今回はささやかなプレゼントを用意していました。

SNSを見ていたところ某企業が人事部から宅飲みセットを社員に送っている様子をみて、弊社でもせっかくのお祝いなんだから何か盛り上げるようなお菓子やおつまみなどを送ろうと思い本社メンバーでひそかに買い出しなどに行き準備をしていました。

せっかく一人一人に対してプレゼントを梱包して贈ることになるで、本社メンバーから手紙を書きました。今はなかなか手紙をかく機会もないので新鮮でした、少しでも感謝の気持ちが伝わるといいなと思いそれぞれの顔を思い浮かべながらメッセージを書きました。

当日の様子

徐々に人数が増え始め乾杯の時間になると、プレゼンテーションモードに切り替わります。この機能は、ホストが参加者全員に向けて発信することができるので、テーブルごとの会話を一旦遮断して乾杯のあいさつを行いました。また時折、全体チャットから「好きなゲームの話」「自宅のペットを紹介してください」といったテーマを発信することで会話のネタを提供したり、音声や画面つかなくてもチャットで会話する人もおり、リモートならではの楽しみ方ができました。

弊社の代表取締役青野のスピーチもプレゼンテーションモードで行われました。

「人間誰しもが凄い天才になる可能性を持っています。あなた自身がそれを信じ続けてください。絶対あなたは”成幸(せいこう)”します」

画面越しではありましたが、参加者一人一人の胸に直接届くスピーチでした。

今年はコロナウイルスの蔓延という今までにない前代未聞の事態で直面での飲み会を行うのが難しくなりましたが、ツールを使用して開催することができました。直接顔を合わせることができなかった離れていても繋がっていることを実感できました。

 

株式会社フリースタイルは、2006年9月15日に設立されました。

当時は4人から始まったこの会社が今では100名を超える企業になれたのは、今働いてくれている従業員含め関わっていただいたすべての皆様のおかげです。

来年は、より多くの仲間と繋がれる周年祭を迎えられることを祈っています。

コメントは利用できません。