aa

部活動紹介第二弾“マジック:ザ・ギャザリング部”

こんにちは!株式会社フリースタイル 広報担当です。
以前、“バイク部”のご紹介をさせていただきましたが、フリースタイルの部活動紹介第二弾として今回は“マジック:ザ・ギャザリング部”のご紹介をさせていただきます!

マジック:ザ・ギャザリングとは?

マジック:ザ・ギャザリング(以下MTG)とは、1993年に発売された世界初のトレーディングカードゲームです。発売されてから短期間のうちに爆発的な人気を得て、その後に発売された“デュエル・マスターズ”はこのカードゲームの影響を強く受けています。現在では11か国語が発売され70か国以上で遊ばれており、1万7千種類を超えるカードと戦略による対戦相手との駆け引きがとても魅力的です。友人と気楽に対戦する遊び方から、競技として緊張感たっぷりの世界大会まで、それぞれの遊び方で楽しむことが出来ます。

マジック:ザ・ギャザリング部の発足

MTG部とは、従業員同士で集まってMTGを使って対戦し、みんなで楽しもう!という部活です。もともと人と関わったり、話す事が苦手なある従業員の子がカードゲームを通して時間を重ねていくごとに、知らない人とでも仲良くなったり、強制的に話さなければいけない状況から話すことが苦手ではなくなったり、自分が変わるきっかけになったという話がありました。その話を受けて社長が、同じような悩みを持っている人達の問題を解決するきっかけになるかもしれないと思い、この部を発足しました。
また、このように従業員の想いや希望から会社として取り組むことができるのも、自由な環境があるフリースタイルならではですね。
このMTG部の活動で、遊びを兼ねて技術者に不足しがちなコミュニケーションが活発化してほしいと思っています。

最低でも月に一度、主に弊社が借りている会議室を利用して活動を行っています。基本的には多くの人が集まれるよう休日に行われていますが、中には業務後に本社に来て遊んでいるメンバーもいます。現在20名以上が所属しており、社長もメンバーのうちのひとりです。

活動の様子

対戦相手は特に事前に決めることなく、ランダムで色々な方と対戦をしていきます。最近入部したばかりの方もいるので、この時に初めて会う方や初めてお話をするような方もたくさんいらっしゃいます。そのため初めは緊張しますが、カードゲームというコンテンツを利用して自然とコミュニケーションが始まります。同じ趣味を持っていると、初対面でもいつの間にか話が盛り上がっていることってありますよね。

また、カードゲームは個人の性格が対戦スタイルに出てくるものです。ひたすら強いカードを並べて攻めに集中する人もいれば、守りを重視し慎重にプレイする人、相手の行動を妨害することが上手な人もいます。その対戦スタイルから、強気な人、慎重な人、戦略的な人、などのその人柄がなんとなく見えてきます。カードゲームで遊ぶだけで、何も知らなかった人のことを少なからず理解することができるんです。あまり話をしたことがない人と対戦をすることは緊張しますが、その日の活動が終わるころには皆笑顔で挨拶をして帰っていきます。

部活動をやる意味とは?

単純に、同じ趣味を持った人同士で楽しむということは勿論ですが、フリースタイルが大事にしているのは従業員同士のコミュニケーションの場を作ることです。話すことが苦手な人にとっては、このカードゲームは“自分を理解してもらうためのツール”です。その点で言うと手段はカードゲームでなくても構いません。このMTG部が活動を続けるうちに他の共通する趣味を見つけて新たな部活が発足され、新しい部員がたくさん入り社内のコミュニケーションの輪がもっと広がっていくといいなと思っています。
今後もこのブログでは、様々な部活動の紹介をさせていただく予定ですので、楽しみにしていてくださいね。

 

コメントは利用できません。