aa

“BUSAN INDIE CONNECT FESTIVAL”に出展しました!

こんにちは!
株式会社フリースタイル 広報担当です。先日、韓国 釜山で行われた“BIC”に出展しました!
今回はその様子についてご紹介させていただきます。

BICとは?

BIC(BUSAN INDIE CONNECT FESTIVAL)とは、韓国の釜山で毎年開催される世界的なインディーゲームの祭典です。今年は2019年9月5日〜8日に釜山港国際展示コンベンションセンターで開催され、世界中の何百万人もの開発者の血、汗、情熱が披露されました。「新しい楽しさを見つける旅」というテーマで開催されるこのイベントでは、130種以上のインディーゲームが披露され、ゲーム展示のほか、人気クリエイターと行うゲームイベント、キャラクター公開、スマートフォン・スタンプラリー、隠れた宝探しなど、様々なオプションイベントも用意されていました。

文化間および国境を越えて毎年多くの開発者が出展し、インスピレーションを共有し、グローバルな開発者コミュニティの成長に繋がっています。

2019年6月1日~2日の2日間、京都で開催された“BitSummit 7 Spirits”で今年夏発売のゲーム『オバケイドロ!』を出展し、来場者の投票数で決められるポピュラーセレクションアワードを受賞したことで招待をうけて、同イベントに参加させていただきました。

会場の雰囲気

今回、このイベントの開催時期に韓国に台風が接近しており、山に雲がかかりまるでディズニーシーのようでした。笑 海外で台風に遭遇するなんてなかなかない機会ですよね。

さて、無事に会場に到着し、初めに主催者の方からのご挨拶をいただきました。BICフェスティバル2019は、国内および国際的なインディーゲームの発見と提供を目的として、釜山インディーコネクトフェスティバル組織委員会によって開催されています。BICフェスティバル組織委員会は、BICフェスティバルの運営を唯一の目的として設立された非営利組織なんだそうです。

広い会場にたくさんのブースが並んでいました。

こちらが、弊社の新作ゲーム「オバケイドロ!」のブースです。
今回このイベント限定で、特別にゲーム自体もチラシも、弊社のスタッフの努力により韓国語でご用意させていただきました。

おかげさまでたくさんの人にプレイしていただき、大盛況で終えることができました。
現地の子どもたちにも大人気で、日本だけでなく国境を越えても楽しんでもらえたことをとても嬉しく思います。言葉は違えど、ゲームを通じてコミュニケーションを取ることができたり、ゲームを楽しいと思う気持ちは世界共通ですよね。今回のように、日本のみならず海外の人たちにもオバケイドロ!をプレイしていただき、楽しいと思ってもらえると幸いです。

最後に

オバケイドロ!発売にあたってビットサミット、ぜんため、そして今回のBICなど、様々なイベントに出展させていただき、どのイベントでもたくさんの方がオバケイドロ!を楽しんでプレイしてくださっています。弊社のゲーム事業部が一生懸命制作したゲームなので、ご好評の声を聞けることが何よりも嬉しいです。
そして、今週末に幕張メッセで行われる“TOKYO GAME SHOW 2019”にも出展が決まっています!この時の様子も、また後日ブログにてご紹介させていただきますね。
TOKYO GAME SHOWのビジネスデイは2019年9月12日、13日、一般公開日は14、15日となっております。
ぜひ遊びにきてください!

コメントは利用できません。